ラスタホール

イベント

2024/5/25(土)

《3/25 9:00~受付開始》ラスタ映画倶楽部「ある男」要事前申込

映画 / 邦画 / 感動 / ヒューマンミステリー /

今回のラスタ映画倶楽部では、「ある男」を上映します。

愛したはずの夫は、まったくの 別人 でした――

芥川賞作家・平野啓一郎よる、人間存在の根源を描き読売文学賞を受賞した小説「ある男」の映画化。
世界が注目する鬼才・石川慶が監督を務め、妻夫木聡・安藤サクラ・窪田正孝・榎本明ら、
日本映画界を代表する俳優陣が顔を揃えました。
日本映画史に残る「愛」と「過去」をめぐる珠玉の感動ヒューマンミステリーとして話題を呼び、
2022年度の日本アカデミー賞最多8部門を受賞。

なぜその男は、別人として生きたのか。
ラスタホールでその真実に辿り着き、心動く瞬間を感じていただれば幸いです。

~物語~
――「あなたの亡くなったご主人を X と呼ぶことにします。」

弁護士の城戸(妻夫木聡)は、かつての依頼者である里枝(安藤サクラ)から、
亡くなった夫「大祐」(窪田正孝)の身元調査という奇妙な相談を受ける。
里枝は離婚を経て、子供を連れて故郷に戻り、やがて出会う「大祐」と再婚。

そして新たに生まれた子供と4人で幸せな家庭を築いていたが、
ある日「大祐」が不慮の事故で命を落としてしまう。

悲しみに暮れる中、長年疎遠になっていた大祐の兄・恭一が法要に訪れ、
遺影を見ると「これ、大祐じゃないです」と衝撃の事実を告げる。
愛したはずの夫は、名前もわからないまったくの別人だったのだ……。

「大祐」として生きた「ある男」は、いったい誰だったのか。なぜ別人として生きたのか。

「ある男」の正体を追い“真実”に近づくにつれて、
いつしか城戸の心に別人として生きた男への複雑な思いが生まれていく―。

【賞歴】 
□第79回ヴェネチア国際映画祭 オリゾンティ・コンペティション部門 正式出品
□第46回(2023年)日本アカデミー賞では、最優秀作品賞、最優秀監督賞、最優秀脚本賞、
   最優秀主演男優賞、最優秀助演男優賞、最優秀助演女優賞、最優秀録音賞、最優秀編集賞
   受賞(同年度最多8部門)

【映画基本情報】
原作:平野啓一郎「ある男」
監督・編集:石川慶
出演:妻夫木聡・安藤サクラ・窪田正孝
   清野菜名・眞島秀和・小藪千豊・坂元愛登・山口美也子
   仲野太賀・真木よう子・柄本明 他

上映時間:121分
音声:日本語
字幕:バリアフリー字幕版

©2022「ある男」製作委員会

開催日時 2024/5/25(土) 10:00~ 13:00~ 16:00~
※チケットは時間指定制です。
場所 ラスタホール 2F 多目的ホール
料金 前売一般:800円(税込) 高校生以下・障がい者:600円(税込) ※当日券は各200円増
対象 お子様は保護者1名につき1名膝上での鑑賞の場合無料。ただし、お席が必要な場合はチケットが必要です。
定員 各110名
申込方法

3月25日(月)9:00~発売開始

【チケット販売場所】
ラスタホール 1階 事務所 

【電話予約】
ラスタホール TEL 072-781-8877(火曜日休館)

【注意事項】
チケットは時間指定制です
★前売券完売の場合、基本的に当日券の販売はございません。
★車椅子での鑑賞を希望される方は、チケットを購入する際にお知らせください。
★高校生以下・障がい者チケットの購入を希望される方は、購入時に学生証・障がい者手帳をご提示ください。
 (本人以外が購入に来られる際はコピーや画像でも可)
★お子様は保護者1名につき1名膝上での鑑賞の場合無料。
 ただし、お席が必要な場合はチケットが必要です。

☆ビデオ・カメラまたは携帯電話等での許可のない録画・録音・撮影・配信は禁止です。
☆天災等により、日程変更または中止となる場合がございます。
☆体調不良の場合は、鑑賞をご遠慮くださいますよう、お願いいたします。

資料 チラシはこちら(表面)
一覧へもどる
ページ上部へ